カテゴリ:C.cf. blassii( 3 )
C.cf. blassii *3
d0001437_043475.jpgblassiiのインボイスで購入したクリプトが開花した。

レモンイエローに近い明るい黄色一色の花で、ケトルの内部は真っ白だった。ブラッシーかどうかまではわからないが、C.cordata var. cordataなのは間違いなさそう。この株は同じものを2株購入して、別の用土で育てていたのだが、2鉢が、なぜか同時に花芽をつけて同時に開花した。

花のサイズはとても小さくて、全長が7cmほど。かわいらしいコルダータの花でした。
[PR]
by avenn | 2005-10-08 00:55 | C.cf. blassii
C.cf. blassii *2
d0001437_20593394.jpg順調に大きくなってきていたが、花芽が出てきた模様。

この株は暗褐色でつやのある葉が綺麗で気に入っているものの1つだが、
種類がわからないのでどんな花が咲くか楽しみ。できればコルダータ系の
花を見てみたい。
[PR]
by avenn | 2005-09-25 21:04 | C.cf. blassii
C.cf. blassii
d0001437_051581.jpg
マレーシア便不明クリプト。cf. blassiiとのことだった。

このクリプトのように、詳細なロカリティなしで入ってくるコルダータ系などは、500円玉一枚程度の値段で手に入るものも少なくないが、水上葉独特の美しい葉で「高級クリプト」に負けず我々の目を楽しませてくれる。

d0001437_12524572.jpg育成環境は、用土が桐生砂10、マグアンプ、ミリオンA。pH5前後の腰水3cm程度、湿度75%、気温22度、水温26度。照明はPL管36ワットを7時間。

3株購入したので、赤玉+腐葉土、桐生砂+腐葉土、桐生砂単用の3パターンで植え分けてみたが、今のところ桐生砂単用が最も大きく綺麗に育っている。うちのように腰水の水位を高めに保ち(画像では蒸発してかなり水位が下ってしまっているが)、腰水のpH調整で鉢全体のpHを管理する栽培方法の場合、用土自体のpHはそれほど大きな意味を持たないので、通水性の良し悪しが育成結果に反映しているような気がする。
[PR]
by avenn | 2005-07-31 02:03 | C.cf. blassii