C.cordata var. zonata from Kasongan
d0001437_314526.jpg
カソンガン(Kasongan)産ゾナータの増殖株。

ゾナータはカリマンタン島の非常に広い地域に分布しているクリプトで、この株の産地である南カリマンタンの他、サラワク、ブルネイなどにもよく見られるという。カソンガンはカリマンタン島南西部、中カリマンタン州の州都パランカラヤ(Palangkaraya)から北西100km程に位置する街。

同じくクリプトの産地である近在のクアラクアヤン(Kualakuayan)、サンピット(Sampit)と結ぶときれいな三角形を形成し、その中心にグリフィティなどで知られるパレンゲアン(Parenggean)があることから、クリプターの間ではこの地域を「クリプト豊饒の大三角形」と呼び習わしている(大うそ)

ゾナータは現在ではグラボウスキー、ディデリキなどと共に、「コルダータ・グループ」として扱うことが多いようだ(ほんと)

この株は育て始めてから半年ほど経っているが、ゾナータは採取株や増殖株でも比較的立派な株が多く出回っていることを考えると、随分貧相な株である。

d0001437_2331828.jpgというのも育て始めが左のような大変ちびっこ株であったためで、もう少し立派な株から始めればよかったととやや悔やんでいるが後悔先に立たず。でも、ゆっくりじっくり大きくなってくれた株なので思い入れがあるのであります。

育成環境は、用土が赤玉7:腐葉土3+バーミキュライト、マグアンプ、ミリオンA。pH5前後の腰水3cm程度、湿度75%、気温22度、水温26度。照明はPL管36ワットを7時間。
[PR]
by avenn | 2005-08-22 02:27 | C.cordata var.zonata
<< C.edithiae *2 C.uenoi >>