このブログについて
最後の投稿から時間もたち、すでにクリプトの栽培もしていませんが、このブログは記録として残しておきます。
[PR]
# by avenn | 2010-01-29 23:55 | メモ
C.pallidinervia from Matang *3
d0001437_310731.jpg
成長が早い・・ですが、Frontierさんによると突然ガクっとくることがあるそうなので気を抜かないようにすべし。
[PR]
# by avenn | 2005-10-31 02:09 | C.pallidinervia 3
C.hudoroi from Kandangan *3
d0001437_112595.jpg久々のヒュードロイですが、1枚展開しては1枚溶けるの繰り返しで、葉数が全然増えてません。正直消滅してないだけでも御の字なんですが。。

前回から一度植え替えをしてますが、根は思ったほど張ってませんでした。この根張りの悪さ(=これ以上大きくなれない理由?)は、コンポストの問題というより腰水の水質を維持できていないところに原因があるような気がしてます。ピートスワンプ仕様ケースに較べて、水の絶対量が少ないからか、ピートなどの殺菌効果がないからか、中性ケースはどうも水質が悪化しやすいです。こまめに水換えをしてやればいいんだと思いますが、続かなそう・・・

と考えていると、そもそも腰水で育てる必要があるんだろうか、という気がしてきました。ケース内の湿度を保つだけなら、コップに水を張ってエアレーションしてやれば問題なさそうですし、腰水をゼロにして普通に水遣りをしようかと思ってます。溶けたら堪忍してください>クリプトたち

ちなみにこのヒュードロイはカンダガン産で購入したんですが、どうも他の方の記録などを見ていると見た目が違うような。むしろメハキット産に近いように見えるんですが、気のせいでしょうか。
[PR]
# by avenn | 2005-10-31 01:59 | C.hudoroi
C.sp.Muarateweh *2
d0001437_0573542.jpg
花はまだまだな感じですが、少しずつ成長してます。前回のエントリの後、育成環境を照明ありに変えて、腰水にもサンゴ砂を入れてpHを上げました。これといって変化は見られないんですが、ちょっと葉色が濃くなった気が。子株もとりあえず順調そうです。中性系は今後腰水完全ゼロの育成方法に変えるかもしれません。
[PR]
# by avenn | 2005-10-31 01:04 | C.sp.Muarateweh
C.longicauda from Lachau *6
d0001437_1442647.jpgロンギカウダの花が咲きました。
前回は咲く寸前にダメにしてしまいましたが、今回は無事開花です。正面から見るとほとんど真っ黒に見えますが、裏側は結構綺麗な紫でした。全長は花から伸びたテールの先まで含めると40cmを超えていて、ケースの中で曲がってしまいましたが、無理やり伸ばして写真を撮りました。
ちょっと不気味な感じ・・・

d0001437_0185748.jpg
[PR]
# by avenn | 2005-10-19 02:13 | C.longicauda
C.longicauda from Lachau *5
d0001437_247397.jpg
勢い余って床にたたきつけてしまったロンギ。めげずに新葉と花を出してくれました。このロンギの葉っぱはほんとに綺麗なハート型をしています。
[PR]
# by avenn | 2005-10-15 01:21 | C.longicauda
C.minima(narrow) *2
d0001437_0562868.jpg
細葉タイプのミニマに花が咲きました。黄色い花に喉もとが赤です。左の葉っぱは写真では結構しっかりしてそうに見えますが、ペラペラです。10分ぐらい外に出していたら萎れて垂れてきました。
[PR]
# by avenn | 2005-10-15 01:10 | C.minima(narrow)
C.minima
d0001437_22483554.jpg
バトクアル産ミニマの増殖株。

うちにある細葉タイプのミニマとは随分雰囲気が違っていて、こちらはちょっとずんぐりとした葉っぱをしている。来歴はよくわからないのだが、4,5年前にサイアム便で入ってきたものの増殖株という噂も。バトクアルという地名がどこを指しているのかもちょっとわからなくて、ミニマの産地として知られるポンドックタンジュン(Pondok Tanjung)から10km程の場所にあるバトクラウ(Batu Kruau)の誤記だったりしてと思ったりもする。

この株はしばらく調子がいまいちだったが、最近ようやく育つようになってきた。つやのある大きめの葉に濃いグリーンの部分があって、陰影が映えるクリプトだなと思います。

育成環境は、用土が赤玉6:桐生砂2:腐葉土2+バーミキュライト、マグアンプ、ミリオンA。pH5前後の腰水3cm程度、水温26度。照明はPL管13ワットを8時間。
[PR]
# by avenn | 2005-10-12 22:47 | C.minima
C.cf. blassii *3
d0001437_043475.jpgblassiiのインボイスで購入したクリプトが開花した。

レモンイエローに近い明るい黄色一色の花で、ケトルの内部は真っ白だった。ブラッシーかどうかまではわからないが、C.cordata var. cordataなのは間違いなさそう。この株は同じものを2株購入して、別の用土で育てていたのだが、2鉢が、なぜか同時に花芽をつけて同時に開花した。

花のサイズはとても小さくて、全長が7cmほど。かわいらしいコルダータの花でした。
[PR]
# by avenn | 2005-10-08 00:55 | C.cf. blassii
C.pallidinervia from Matang *2
d0001437_330433.jpg
前回とあまり変わっていないが、葉っぱがなんともカッコいい!ので写真を撮ってみた。

カーキ色に近い渋いグリーンにデコボコが非常に強く入っており、ゾナータなどにも似ているが、ちょっと雰囲気が違う。どこが違うのと言われると困るんですが・・・

育成についてはそれほど気難しくない種類なようで、新芽や子株をどんどん出しながら育っていっている。
[PR]
# by avenn | 2005-10-02 23:32 | C.pallidinervia 3